教材サポート

もっと数学の世界

時事ニュース・ダイジェスト

月刊最新時事問題

試験に出る時事ニュースダイジェスト

「いまを見る」目を養うために,直近の世界・日本の重大ニュースを解説します。
簡単な一問一答問題もついて,時事問題対策に役立ちます。

 

覚えておこう!ビッグトピック 2015年7月~8月

日本地図

①7月5日〈日本〉 「明治日本の産業革命遺産」世界遺産に登録決定

ユネスコの世界遺産委員会は,日本が世界文化遺産に推薦している「明治日本の産業革命遺産 製鉄・鉄鋼,造船,石炭産業」を登録することを決定した。産業革命遺産は,通称「軍艦島」で知られる「端島炭坑」(長崎市),薩摩藩が手掛けた機械工場や反射炉の遺構で構成する「旧集成館」(鹿児島市)など23資産で構成される。

②7月6日〈日本・宇和海〉 赤潮でブリ大量死

愛媛県水産課は,宇和海で発生した赤潮により養殖のブリやマダイ,トラフグなど約8万匹(被害金額約5400万円)に被害が及んだと発表した。赤潮は6月9日に今年初めて確認され,今回の被害を含めて約13万5000匹が死んでいる。さらに8月にはアワビなどへの被害もあったことから累計被害が約3億7000万円となった。宇和海では昨年も赤潮により約1億200万円の被害が出ている。

③7月28日〈日本〉 参院「10増10減」成立

衆議院本会議で,来年夏の参院選から鳥取と島根,徳島と高知の選挙区を統合する合区などで定数を「10増10減」とする改正公職選挙法が賛成多数で可決・成立した。参院選が始まった1947年以降,都道府県単位だった選挙区の変更は初めてである。これにより,2013年の参院選の最高裁判決で違憲状態とされた「一票の格差」は4.77倍から2.97倍となる。

④7月29日〈世界・インド〉 インド人口2022年までに世界第1位に

国連は世界の人口が2050年には約97億人,2100年には約112億人にまで増えるとの予測を発表した。国別の人口では,2022年までにインドが中国を抜いて世界第1位となる見通しである。日本の人口は現在約1億2700万人で世界11位であるが,2100年には約8300万人で世界30位になるとされる。

日本地図

⑤8月6日〈世界・エジプト〉 新スエズ運河完成,通航18時間から11時間に

地中海と紅海を結ぶスエズ運河の拡張工事が終了した。これにより1日に利用できる船舶数が現状の平均49隻から2023年までに97隻に倍増し,また,地中海側のポートサイドから紅海側のスエズに向かう南行きでは所要時間が18時間から11時間に短縮される見込みである。

⑥8月11日〈日本・薩摩川内〉 川内原発1号機再稼働

九州電力は川内原発1号機の原子炉を起動し,再稼働させた。2011年3月の東京電力福島第一原発事故を踏まえた,新規制基準化で全国初の再稼働となる。これにより,2013年9月に関西電力大飯原発が停止してから1年11か月続いていた「原発ゼロ」が終了したことになる。再稼働に対する世論の反発は依然として大きい。

⑦8月25日〈世界・国連〉日本の国連分担金9.68%に

国連総会の分担金委員会の試算によると,2016~18年の国連の通常予算で,日本の分担率が2桁を切って9.68%となる見通しであることが分かった。3年ごとに見直される分担率は,各国の「支払い能力」を反映しており,日本はかつて20%を突破していたが,1983年以降保ってきた2桁を切ることになる。分担率はアメリカについで2位と変わりはない。

⑧8月28日〈日本〉 「女性活躍推進法」成立

女性管理職の割合に数値目標の設定などを義務付ける「女性活躍推進法」が参院本会議で可決され,成立した。これにより従業員301人以上の企業と,雇用主としての国や地方自治体は,女性登用の推進に向けた「行動計画」の策定と公表を求められる。2014年の日本の女性管理職の割合は11.3%で,アメリカの43.7%,フランスの39.4%,ドイツの28.6%(2012年)といった主要国の水準を大幅に下回っている。

⑨8月23・30日〈世界・シリア〉 イスラム国世界遺産の遺跡破壊

過激派組織「イスラム国」(IS)により,世界文化遺産に登録されたシリア中部のパルミラ遺跡の象徴であるバール・シャミン神殿,ベル神殿の一部が破壊された。ベル神殿は,1~2世紀ごろに建設された古代ローマ時代の遺構で,イスラム教が広がる以前の多神教を祀る神殿であったことから標的となった可能性が指摘されている。

⑩8月30日〈世界・アメリカ合衆国〉 北米大陸最高峰マッキンリーを「デナリ」に改称

ホワイトハウスは,北アメリカ大陸最高峰のマッキンリー(6168m)をアラスカ先住民の呼び方「デナリ」に改称したと発表した。「デナリ」とは「偉大な存在」を意味し,地元のアラスカ州政府が40年前から変更を求めていた。マッキンリーの名称は1896年,当時の大統領候補ウィリアム・マッキンリー氏にちなんで名付けられ,同氏は翌年,第25代大統領に就任している。

問題をダウンロード

ページをPDFでダウンロードできます。授業のサポートにご利用ください。

※問題をダウンロードするには、会員登録が必要です。

会員登録はこちらから。

すでに会員登録をしているかたは、こちらからログインしてください。

ダウンロード
 

おすすめサービス

現代用語能力検定

  1. 受 検 料 3,000 円(税込)
  2. 受検方法 学校や学習塾、企業等の団体受検
      自宅受検(自宅へ検定問題を送付、自宅で受検できます)
      インターネット受検

詳しい内容についてはこちら